BULK GAN - APPLICATIONS - PLAYERS - Japanese version

即時リリース用:
技術を市場へと送り出すBulk GaN

Bulk GaN基板市場レポート - Yole Développement - 2017年2月

To download the JPEG format, please click Gallery

フランス、リヨン - 2017年3月21日:Yole Développement(以下Yole社)の技術および市場アナリストであるHong Lin博士は、「過去30年間で、GaNベースの技術はさまざまな分野で目覚ましい進歩を遂げてきた」とコメントしています。「More than Moore」の市場調査および戦略コンサルティング会社であるYole社は、本日、新技術を発表、それに伴いBulk GaN基板市場とタイトルのつけられたBulk GaN基板に焦点を当てた市場レポートも同時に発表しました。この新しい分析に従って、Yole社は様々な市場セグメントや相関する推進力を提示し、GaN技術の今日の状況を詳述します.
Yole社のアナリストによれば、商用のGaNベースのデバイスは、光学電子と電子アプリケーションの両方で利用できることを認めています。実際に、オプトエレクトロニクスアプリケーション、特にGaNベースのレーザーダイオードとGaN-on-GaN LEDは、2016年から2022年までのBulk GaN基板市場を活発にすることが予想されています。

レーザーダイオード市場に特有のことですが、これまでGaNベースのレーザー業界の主な推進力だったBlu-rayセグメントは減少し続けています。近年はかなり多くの映画が光ディスクではなくストリーミングで視聴されており、ほとんどの場合光ディスクや磁気記憶装置ではなくフラッシュメモリが使用されています。今の携帯電話、ネットブック、タブレット、それからラップトップには、Blu-ray、DVD、あるいはCDドライブがありません。最近のUHD Blu-ray開発では、ノベルティ程度の売上効果が予想されており、今後の全体的下降傾向は覆せそうにありません。ただし、Blu-rayの需 要の減少は、オフィスプロジェクター、モバイルピコプロジェクター、HUD といったプロジェクターや、Bulk GaN基板の新しい成長機会につながる自動車 照明のような、成長期にあるセグメントにおいての盛りかえしが期待されています。

LED市場においては、GaN基板の製造が向上したことでLEDの様々なニッチアプリケーション向け基板価格が十分に下がっています。Soraa(米国)やPanasonic(日本)に加え、スポットライトや自動車照明へのGaN基板の使用を真剣に検討し始めている他のLEDメーカーの関心が戻ったようです。今後の市場では新しいGaN-on-GaN LEDプレーヤーに期待がかけられています。

このような状況において、Yole社のアナリストは、レーザーダイオードとLEDがBulk GaN基板需要の継続的成長を推進すると期待しています。

2016年にBulk GaN基板市場は約60万ウエハー(2インチ相当(TIE))と推定されました。Yole社のLin博士は、「基本的にすべての市販GaNウエハーはHVPE 技術で製造されているが、成長プロセスや分離技術の詳細は企業によって変わる」と断言しています。Naフラックス法やアモノサーマル法などの他の技術も、現在開発中です。Lin博士は「Yole社ではこれらのウエハーはまだあまり市場に出回っていないと考えている」と認めています。また、市場は2017年から2022年の間に年複利成長率で10%伸び、2022年には1億米ドル以上に達すると予測されています。

日本製のプレーヤーについてはどうでしょうか?現在のGaN基板市場は非常に集中しています。日本企業3社がシェアの85%以上を占めています。その3社とは住友電気工業(SEI)、三菱化学(MCC)、Sciocsです。Yole社のBulk GaN基板レポートでは、日本企業のBulk GaN基板市場での優位性が明らかであると認められています。しかしながら他の日本製および海外製プレーヤーはまだ少量生産あるいは研究開発段階にあり、市場大手に挑戦するのは時期尚早です。

日本製のプレーヤーについてはどうでしょうか?現在のGaN基板市場は非常に集中しています。日本企業3社がシェアの85%以上を占めています。その3社とは住友電気工業(SEI)、三菱化学(MCC)、Sciocsです。Yole社のBulk GaN基板レポートでは、日本企業のBulk GaN基板市場での優位性が明らかであると認められています。しかしながら他の日本製および海外製プレーヤーはまだ少量生産あるいは研究開発段階にあり、市場大手に挑戦するのは時期尚早です。

Yole社のBulk GaNレポートにはBlu-ray、レーザーオフィスプロジェクター、ピコプロジェクター、HUD、自動車照明などを含むGaNレーザーダイオードとGaN-on-GaN市場データの網羅的な要点が記載されています。また、GaN-on-GaNパワーと無線(RF)アプリケーションの詳細な分析についても伝えています。この分析では、現在の市場動向と将来展開についてのYole社の見解と、技術的および経済的側面を説明しています。このレポートについて詳しくは、i-micronews.comの、化合物半導体レポートのセクションをお読みください。引き続きご注目ください!

Yole社のアナリストは、年間を通じて化合物半導体分野の技術とアプリケーションについて取り上げています。SiC、GaN、GaN-on-Siなど、すべてのWBG ソリューションとその市場セグメントについては、主な展示会や会議の技術および市場レポート、ウェブ放送、プレゼンテーションで詳述されています。CS InternationalとIWBGPEAW 2017は、2017年のYole社のプログラムの一部です:
- CS International:GaN RF業界:状況と将来展開 - 3月8日午前9時25分 Yole Developpementの化合物半導体、パワー・エレクトロニクス技術および市場アナリストであるZhen Zong氏
- 国際ワイドバンドギャップ材料(WBG)パワー・エレクトロニクス・アプリケーション・セミナー - IWBGPEAW、5月22日および23日。詳細なアジェンダとスポンサーシップについての問合せ先:Camille Veyrier (Veyrier@yole.fr)

Yole社のプレゼンテーションとパネルセッションに、ぜひご参加ください。 

Acronyms:
UHD:Ultra HD
HUD:ヘッドアップディスプレイ
HVPE: ハイドライド気相成長
WBG:広バンドギャップ





Connect with us


About report:

Newsletter subscription

About Yole Développement